ENTERTAINMENTに関する記事一覧


ENTERTAINMENT

世界で大ヒットを記録したジェームズ・ワン監督の映画「死霊館」。一作目では実在の超常現象研究家・ウォーレン夫妻が最も邪悪で恐ろしい事例として、これまで封印されてきた1971年のペロン一家の悲劇を描く。しかし、本作の公開後にペロン家の長女は、映画では描けなかった恐ろしい実話を語った。

ENTERTAINMENT

アカデミー賞・エミー賞・トニー賞の三冠王を達成し、数多くの名作映画に出演したジェシカ・ラング。彼女のキャリアは1970年代から始まり、その後に多くの名監督や大物俳優らと共演してきた。そんなジェシカ・ラングは、自身の若い頃をウェイトレス時代から振り返った。

ENTERTAINMENT

1980年代に初登場してからDCコミックスのファンの間で根強い人気があるウィーゼル。そんな彼は2021年公開の「ザ・スーサイド・スクワッド」に登場し、本作の監督ジェームズ・ガンの弟、ショーン・ガンが演じる。しかし、このウィーゼルとは原作でどういったヴィランだったのか?

ENTERTAINMENT

「ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日」は2013年に公開されたコメディ映画。宇宙人の襲来や悪魔祓いなどのB級要素をふんだんに詰め込んでおり、ハリウッドスターたちのおふざけ映画として知られている。本作で描かれる世紀末のサバイバル方法などは、現実世界でも役立つだろう。

ENTERTAINMENT

「FはFamilyのF」は1970年代を背景に描くアメリカン・ホームコメディ。本作ではある白人一家の出来事などをコミカルに描き、全世界で絶大な人気を集めている。主にブラックコメディとして見られる場合が多いが、実は本作には子どもから尊敬される父親になる10の条件が隠されていた。

ENTERTAINMENT

「ベルリン・シンドローム」は女性が1人旅で訪れた異国の地で、サイコパスによって監禁されるというサスペンススリラー映画。視聴者ならわかるが、本作は海外旅行の注意事項が詰まった作品だ。本記事では「ベルリン・シンドローム」に学ぶ、海外旅行で監禁されないためのオキテを紹介。

ENTERTAINMENT

「ザ・スーサイド・スクワッド」の公開されたキャラクター紹介には、俳優のピート・デヴィッドソン演じるブラックガードがいる。しかし、ブラックガードはどういったヴィランなのか?本記事ではブラックガードのコミック初登場や能力、面白エピソードまで紹介!

ENTERTAINMENT

ジェームズ・ガン監督の最新作「ザ・スーサイド・スクワッド」には、前作のおなじみメンバーから、DCコミックスのふるかぶヴィランなど総勢17人がタスクフォースXの新メンバーとして参加する。本記事では「ザ・スーサイド・スクワッド」に登場する、全キャラクターを徹底解説!

ENTERTAINMENT

ジェームズ・ガン監督の最新作「ザ・スーサイド・スクワッド」のキャラクター紹介で、俳優ピーター・カパルディがDCコミックスの古きヴィラン、シンカー役を演じることが明かされた。本記事では「ザ・スーサイド・スクワッド」に登場するシンカーの、コミック初登場や能力を徹底解説!

ENTERTAINMENT

「ザ・スーサイド・スクワッド」にはDCコミックスのマイナーな悪党が多く登場し、その中に俳優ネイサン・フィリオン演じるTDKがいる。TDKは「ザ・スーサイド・スクワッド」のオリジナルキャラクターだと思われがちだが、実は過去に違う名でコミックに登場していた。