MOVIEに関する記事一覧


MOVIE

巨匠サム・メンデス監督が製作した2005年の映画「ジャーヘッド」。本作は今まで公開された量産型の戦争映画とは違い、迫力満載の戦闘シーンなどは描かれない。この映画は訓練キャンプで兵器と化した若き海兵隊員が、撃ちたいのに撃たせてもらえないという複雑な苦悩を描く。

MOVIE

鬼才スタンリー・キューブリックが初めてパソコンによる編集を行い、80年代後半に公開された映画「フルメタル・ジャケット」。本作は黒く塗りつぶされたベトナム戦争の真実を、キューブリックならではの<ひねり>を加えて描き、全世界で1億2,000万ドル(約127億3,885万円)の興行収入を叩き出した。

MOVIE

クリスチャン・カリオン監督がメガホンを取り、サンタバーバラ国際映画祭で観客賞に輝いた映画「戦場のアリア」。本作は100年前に起こった<クリスマスの奇跡>を描き、アカデミー賞では国際長編映画賞にノミネートされ、全世界で注目された。

MOVIE

作家アンソニー・バージェスの同名小説を基に鬼才スタンリー・キューブリックが映画化した「時計じかけのオレンジ」。本作は常人なら拒絶するような描写が多い。しかし、実は本作には許しや愛、映画史に残る即興演技などがあり、一部では「芸術」とも言われている名作だ。

MOVIE

犯罪に犯罪を重ね一流ホテルのスウィートルームを荒らしまくる。そんな作品を描くのが、ジャーナリズム史に名を刻んだハンター・S・トンプソンの同名小説を映画化した「ラスベガスをやっつけろ」だ。本作にストーリーなんてものは存在しないが、現代でもカルト的な人気を誇る理由はイカレタ制作秘話にあった。

MOVIE

異国の地で懲役12年の判決を受けた男が、仲間たちと木で作った鍵で刑務所を脱獄する様子を描く2020年の映画「プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵」。本作は南アフリカの刑務所を脱獄したティム・ジェンキンの実話に基づき、「ハリー・ポッター」で有名な俳優ダニエル・ラドクリフが主演を務めた。

MOVIE

常に命の危険と隣り合わせで働く警察官。そんなブラック企業を超える職につく、2人の男の姿を描くのが映画「エンド・オブ・ウォッチ」だ。本作の監督であるデヴィッド・エアーは6日間で脚本を仕上げ、主演のジェイク・ジレンホールとマイケル・ペーニャは5ヵ月もの間、ロサンゼルス市警察と役作りを行った。

MOVIE

見えない敵による心理的な恐怖と、何百人という仲間たちを失うかもしれない決断。そういった恐怖を描くのが2020年に公開された戦争映画「グレイハウンド」だ。本作の注目すべきところは本物の駆逐艦を使用した撮影であり、今までの戦争映画とは「リアル度」が違う。

MOVIE

俳優ライアン・ゴズリングが主演を務めたロマンティック・コメディ映画「ラースと、その彼女」。心優しい内気な青年が、インターネットで購入した人形と恋するという奇妙な物語を描く。本記事では映画「ラースと、その彼女」の魅力はもちろん、ネタバレを含んだ考察なども書いていきます。

MOVIE

若手女優アニャ・テイラー=ジョイが主演を務めた2020年の映画「エマ.(Emma.)」。退屈な日常を送るお嬢様が、おせっかいで友人の花婿探しに乗り出すドタバタコメディ。本記事では映画「エマ.」のあらすじやキャスト、魅力を徹底解説!