映画『ハイド・アンド・シーク』4つのエンディングとは?【未公開】

ENTERTAINMENT

Image by:imdb.com

2005年に公開したサスペンス・ホラー映画「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」

本作の監督はジョン・ポルソンが務め、俳優のロバート・デ・ニーロ、当時は絶大な人気があった子役のダコタ・ファニングが主演を務めた。

映画は約26億8,788万円の予算で制作されたが、全世界の興行収入は約132億4,588万円を叩き出す大ヒットを記録している。

本作のラストは「エミリーが二重人格だった」という奇妙な結末を迎えたが、実は他にも4つの異なったエンディングがあった。

映画「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」本体のエンディング

映画「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」本体のエンディング

Image by:theplaylist.net

映画「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」では、妻の自殺がきっかけで、娘エミリーが架空の友達「チャーリー」と遊ぶようになる。

映画の中盤から架空の人物とされていたチャーリーが過激な行動をとるようになり、飼いネコを殺めたり、エイミーの叔母であるエリザベスを殺害したりする。

しかし、映画の終盤でチャーリーは、エミリーの父デイヴィッドだったことが判明。
映画「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」本体のエンディング

Image by:screenrant.com

デイヴィッドは妻の浮気現場を目撃したショックで「チャーリー」という人格が生まれ、妻の殺害を自殺に見せかけるなどした。

最終的にチャーリー(デイヴィッド)は、女医のキャサリンによって射殺される。

その後、エミリーはキャサリンに引き取られるが、エミリーが描いていた絵には頭部が2つある少女が描かれていた。

本作には4つの異なったエンディングがあった!?

本作には4つの異なったエンディングがあった!?

Image by:pluggedin.com

先ほど紹介したように、劇場版では「エミリーも父のように、二重人格だった」と思わせるような結末を迎えている。

しかし、ジョン・ポルソン監督は、他にも4つの異なった結末を用意していた。

別エンディング①:精神病院

別エンディング①:精神病院

Image by:dakota-fanning.org

チャーリー(デイヴィッド)が射殺された数日後、エミリーはベッドで何かを書いていた。

そこに女医のキャサリンが来て、エミリーに「もう寝る時間よ」と告げる。

キャサリンは「愛してるわ」と言い、エミリーは「わかってる」と返答した。

その後、キャサリンは部屋の電気を消すが、エミリーは「お願い。部屋のドアは開けて」と言い、キャサリンは「それはできないわ」と言う。

そこで視聴者は、エミリーがいるのは精神病院の一室であることを確認し、映画は幕を閉じる。

別エンディング②:ハッピーエンド

別エンディング②:ハッピーエンド

Image by:dakota-fanning.org

劇場版のエンディングと同様、エミリーは女医のキャサリンに引き取られる。

キャサリンは「学校へ行く時間よ」と言うが、エミリーは紙に何かを描いている。

エミリーが立ち去った後にカメラがズームすると、そこには普通の少女の絵が描かれていた。

別エンディング③:もう一人のエミリー

別エンディング③:もう一人のエミリー

Image by:dakota-fanning.org

チャーリー(デイヴィッド)が射殺された数日後、エミリーはベッドで何かを書いていた。

そこの女医のキャサリンが来て、エミリーに「もう寝る時間よ」と告げる。

キャサリンは「愛してるわ」と言い、エミリーは「わかってる」と返答。

その後、キャサリンが部屋の電気を消すと、エミリーが1人でかくれんぼを始めた。

エミリーはクローゼットを開けて「見つけた!」と言うと、そこには鏡に映ったもう一人のエミリーがいた。

別エンディング④:エミリーの秘密

別エンディング④:エミリーの秘密

Image by:Moviery.com

「別エンディング①」と同じ流れで、エミリーは精神病院に収監されていた。

キャサリンが廊下に出ると、「もうすぐエミリーを連れて帰れそうだわ」という。

しかし、部屋の中でエミリーは一人でかくれんぼをしており、クローゼットの鏡に映った自分に「見つけた!」と叫んでいた。

劇場版で本作のエンディングが起用された理由

劇場版で本作のエンディングが起用された理由

Image by:imdb.com

本作のラストは劇場版も含め、「別エンディング②」以外は後味が悪いものになっている。

監督は最初、「別エンディング②」のハッピーエンディングで終わらせるはずだったが、本作の関係者から反対された。

その結果、本作は「エミリーも二重人格だった」という結末に変更。

劇場版で採用された結末について、ジョン・ポルソン監督はこう語った。
劇場版で本作のエンディングが起用された理由

Image by:Noise11.com
やはりエミリーは「二重人格だった」という設定にしないと、映画の視聴者は疑問が残ると思ったんだ。

なぜ彼女は父に冷たい態度をとるのか?
なぜチャーリーは父であると誰にも告げなかったのか?


僕はもともと、こういったストーリーラインで本作を作っていない。

でも、エミリーの不可解な行動を証明するには、彼女が二重人格だったという選択肢以外なかったんだ。

人気記事U-NEXT(ユーネクスト)のメリット&デメリット。評判・口コミをステマなしで完全レビュー!