映画『レリック(Relic)』最後に登場した黒い染みの正体とは?【考察と解説】

ENTERTAINMENT

Image by:medium.com

ナタリー・エリカ・ジェームス監督が制作し、2020年に公開したホラー映画「レリック(原題:Relic)」

本作はジェームス監督のデビュー作だが、世界最大級の映画評論サイト「ロッテン・トマト」で、批評家から92%という高評価を叩き出した。

この映画は2019年公開「ミッドサマー」のように、謎が多く残ることでも知られている。

その中でも視聴者が一番気になる点が、映画の中盤あたりから終盤にかけて登場した黒い染みだろう。

今回は2020年の傑作と言われる映画「レリック(Relic)」最大の謎である、黒い染みについて徹底解説!

映画『レリック(Relic)』に登場した黒い染みについて

映画『レリック(Relic)』に登場した黒い染みについて

Image by:screenrant.com

「レリック(Relic)」では映画の中盤から、サムの祖母であるエドナの胸に黒い染みが出現し始める。

本作の全編で「黒い染み」は重要な役割を果たさないが、エドナの染みは大きさを増していった。

終盤になると、エドナの娘であるケイが彼女の肌を剥がしていき、エドナは悪魔のような姿になる。

その後、家族はベッドに寝そべり、サムがケイの背中に同じ黒い染みを見つけた所で映画は幕を閉じる。

映画『レリック(Relic)』最大の謎:黒い染みの正体とは?

映画『レリック(Relic)』最大の謎:黒い染みの正体とは?

Image by:metacritic.com

「レリック(Relic)」の黒い染みについてはいくつか考察されているが、一番有力な説とされているのが「呪い」だ。

本作の黒い染みは「カビ」と似ている所があり、そのカビが家全体を侵食していることが映画でわかる。

しかし、本作でこのカビがどういった理由で出現したのかは不明であり、その奇妙な動きから何らかの呪いというのが一番有力だ。

また、エドナが失踪から戻った後にカビが出現したことを考えると、失踪時にエドナは何らかの理由で呪いに感染したことが伺える(後に説明)。

呪いは感染する?

呪いは感染する?

Image by:screenrant.com

先ほど説明したように、本作に登場する「黒い染み(カビ)」は感染する。

それをもっと詳しく説明しているのが、映画のクライマックスだ。

エドナの娘であるケイはまだまだ若いが、エドナと接触したことにより、映画の最後で彼女の背中に黒い染み(カビ)が出現した。

つまり、この呪いは年齢関係なく感染する。

映画では描かれなかったが、おそらくケイの娘であるサムにも、黒い染みが出現しているのかもしれない。

エドナの夫は家族を守ろうとした?

エドナの夫は家族を守ろうとした?

Image by:biffbampop.com

暗くてわかりずらかったが、映画の終盤で家に死体の一部があることが確認できる(予告編の方がわかりやすい)。

これはエドナの夫とされており、映画では説明されなかったが、彼はまだ行方不明だろう。

おそらく「黒い染み(カビ)の呪い」は、エドナの夫の先祖から伝わる呪いであり、彼もそれを知っていた。

彼は何らかの理由で黒い染み(カビ)が体に出現し始め、それが人に感染すると知っており、家族を守るため隠された部屋でその生涯を終えたとされる。

黒い染み(カビ)が再び家族全員に感染するまでの経緯

黒い染み(カビ)が再び家族全員に感染するまでの経緯

Image by:latimes.com

映画「レリック(Relic)」の黒い染みに関して、現時点で解明された謎が下記の通り。

  1. エドナの夫の先祖には代々伝わる呪いがあった。
  2. エドナの夫は何らかの理由で呪い(カビ)に感染した。
  3. おそらく彼の親族が過去に感染し、黒い染み(カビ)は人にうつることを知っていた。
  4. 彼は家族を守るため、家にある隠された部屋で生涯を終える。
  5. その後、遺体のカビが家全体を侵食し始める。
  6. それから数年後、エドナが隠された部屋を見つける。
  7. そこで夫の遺体を見つけ、彼女は感染した。
  8. エドナの体は夫のように黒い染みに覆われ、娘のケイにも感染した。

まだまだ謎が残る映画「レリック(Relic)」

まだまだ謎が残る映画「レリック(Relic)」

Image by:ew.com

映画「レリック(Relic)」の黒い染みに関しては、「感染する呪い」と結論付けられたが、本作にはまだまだ謎が残る。

こういった映画に謎を残す作品スタイルは、2018年に公開したアリ・アスター監督の映画「ヘレディタリー/継承」から始まった。

「レリック(Relic)」の監督を務めたナタリー・エリカ・ジェームスも、以前にアリ・アスター監督から影響を受けたと語っている。

こういった映画スタイルは公開から1年ほど経過したころ、監督によって謎が明かされる場合が多い。

そのため、本作は2020年の終盤か2021年の初頭に、監督が全ての謎を明かす可能性が高いだろう。

関連記事映画『レリック(Relic)』は実話を基にしていた!?【監督の恐ろしく悲しい実体験とは?】

人気記事U-NEXT(ユーネクスト)のメリット&デメリット。評判・口コミをステマなしで完全レビュー!