リック・ダルトンのモデルは実在する4人の大物俳優だった!【ワンハリ】

ENTERTAINMENT

Image by:beyazperde.com

2019年に公開した「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」は、60年代に活躍した俳優の苦労などを美しく描いている名作。

本作にはシャロン・テートブルース・リーなど、実在した俳優が登場していることで知られている。

主人公のリック・ダルトンは架空の人物とされているが、実は4人の俳優がモデルになっていたことを、タランティーノ監督が明かした。

リック・ダルトンの人生

リック・ダルトンの人生

Image by:gamespot.com

本作の主人公であるリック・ダルトンは、過去に西部劇ドラマ「賞金稼ぎの掟」で有名になった。

しかし、なかなか映画スターになることはできず、自身のキャリアはずっと停滞していた。

ある日、リックはイタリア映画の出演オファーを受けるが、「イタリア映画は質が悪い」とジャッジ。

だが彼はハリウッドで「過去のスター」とされており、大きな役は若い俳優ばかりが起用され、リックは脇役ばかりを任された。

その後、リックは映画の出演を受け入れ、イタリアで大成功を収めた。

映画で見せた性格

映画で見せた性格

Image by:indiewire.com

リック・ダルトンは映画で、将来の不安などから情緒不安定な様子を見せる。

そのため、親友のクリフに泣きついたり、撮影の前夜に深酒をしたりした。

他にもリックは60年代に流行った「ヒッピー文化」を毛嫌いしており、劇中で嫌悪感(けんおかん)を隠さなかった。

リック・ダルトンのモデルとなった4人の大物俳優

リック・ダルトンのモデルとなった4人の大物俳優

Image by:screenrant.com

冒頭でも紹介したが、主人公のリック・ダルトンは架空の人物であり、彼が出演した西部劇ドラマなども存在しない。

しかし、彼は60年代に活躍した4人の大物俳優がモデルになっており、彼らの人生や性格が参考になっている。

本作を制作したタランティーノ監督は、他にもリックの行動なども実在の俳優を参考にしたという。

それではリック・ダルトンのモデルになった、4人の俳優を紹介。

スティーブ・マックイーン

俳優スティーブ・マックイーンは、1958年に西部劇ドラマ「拳銃無宿」の主演を務めたことで知られている。

タランティーノ監督は1958年当時のスティーブ・マックイーンを、リック・ダルトンの拠点にしたという。

マックイーンは映画が大成功したことで情緒不安定になるのだが、映画でリックは逆に成功できず情緒不安定になる様子が描かれている。

また、マックイーンはシャロン・テート殺害事件が起こる1969年8月9日に、彼女の家へ訪問する予定だった。

※ タランティーノ監督は敬意を示し、本作で俳優のダミアン・ルイスに、スティーブ・マックイーン役を演じさせている。

タイ・ハーディン

1958年から1962年にかけて放送された、西部劇ドラマ「ブロンコ」に出演した俳優のタイ・ハーディンも、本作でリック・ダルトンのモデルになった。

タランティーノ監督はハーディンについて「かわいそうなスティーブ・マックイーン」と説明している。

彼は西部劇ドラマ「ブロンコ」が終了した後、なかなか大きな役に選ばれなかったが、1967年のイタリア映画「デス・オン・ザ・ラン」で再びスターとして復活した。

タランティーノ監督は彼について、「ハーディンの人生が、リック・ダルトンの人生だ」と述べている。

ピート・デュエル

ピート・デュエルは1971年に、西部劇ドラマ「西部二人組」に出演したことで知られている。

彼はドラマのシーズン1が終了した、1971年12月31日に拳銃自殺した。

タランティーノ監督はピート・デュエルについて調査したところ、彼はアルコール依存症だったことが判明。

かつてのハリウッドでは、リック・ダルトンやピート・デュエルのように、自身の不安をなくすためにアルコールを摂取していた俳優が多かった。

また、映画の最後にリック・ダルトンが自宅のプールにいたように、ピート・デュエルも自殺する夜は、プールでくつろいでいた。

エド・バーンズ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」で、リック・ダルトンは自身が出演した映画で火炎放射器を使う。

彼が出演した映画は架空だが、タランティーノ監督は俳優のエド・バーンズが1962年に出演した、映画「ザ・シークレット・インベイジョン」を参考にしたと語った。

また、リック・ダルトンが出演した架空の映画のタイトルは、ほとんどが俳優エド・バーンズが出演した映画のタイトルを真似している。

リック・ダルトンが劇中でヒッピー文化に嫌悪感を見せたように、エド・バーンズもヒッピー文化を毛嫌いしていたという。

タランティーノ監督「リックのモデルはまだまだいるよ」

タランティーノ監督によって詳しく語られた、リック・ダルトンのモデルは4人だけだ。

しかし、監督はインタビューの最後に、「リックのモデルはまだまだいるよ」と語った。

それが「タブ・ハンター」「ジョージ・マハリス」「ファビアン・フォルテ」の3人だ。

タランティーノ監督は「映画でリック・ダルトンという最高の人物が出来上がったのは、合計7人の俳優や歌手たちのおかげだ」と語っている。

関連記事【ワンハリ】クリフ・ブースのその後【失業&監督デビュー!?】

人気記事U-NEXT(ユーネクスト)のメリット&デメリット。評判・口コミをステマなしで完全レビュー!