タグ:実話が付いている記事一覧


ENTERTAINMENT

世界で大ヒットを記録したジェームズ・ワン監督の映画「死霊館」。一作目では実在の超常現象研究家・ウォーレン夫妻が最も邪悪で恐ろしい事例として、これまで封印されてきた1971年のペロン一家の悲劇を描く。しかし、本作の公開後にペロン家の長女は、映画では描けなかった恐ろしい実話を語った。

ENTERTAINMENT

2007年に公開したと同時に全米第1位を記録したコメディ映画「スーパーバッド 童貞ウォーズ」。本作はフィクションと思われがちだが、実は脚本を担当したセス・ローゲンとエヴァン・ゴールドバーグの実話を基にしており、知られざるぶっ飛んだ制作秘話などがあった!

ENTERTAINMENT

2020年にアメリカで公開したホラー映画「レリック(Relic)」。本作は認知症の祖母と黒い染み、謎の家を中心に物語が進む。本作はフィクションとして見られているが、実はナタリー・エリカ・ジェームス監督が祖母と会った際に体験した、実話を基に制作されていた。

ENTERTAINMENT

第二次世界大戦中の大西洋を舞台にアメリカ海軍とドイツ海軍の戦いを描いた映画「グレイハウンド」。本作は名俳優のトム・ハンクスが主演と脚本を務め話題となった。本記事では「グレイハウンド」で描かれた内容の実話とフィクションを徹底解説。

ENTERTAINMENT

2019年に鬼才タランティーノ監督によって公開された映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」。本作は俳優のレオナルド・ディカプリオが演じる、リック・ダルトンを主人公に物語が進んでいく。本記事ではリック・ダルトンのモデルになった実在の俳優を紹介!

ENTERTAINMENT

映画「死霊館」の登場人物であるウォーレン夫妻は、長年に渡って奇妙な現象を調査してきた。夫妻が所有する呪われたアイテムは、コネチカット州にある「ウォーレン・オカルト博物館」に保管されている。本記事ではウォーレン夫妻が集めた10個の呪われた展示物を紹介。

ENTERTAINMENT

2019年に公開された映画「1917 命をかけた伝令」。本作では第一次世界大戦を背景しており、劇中では実際に起きたことも描かれているが、映画の為に作成された架空のことも描かれている。本記事では『1917 命をかけた伝令』で実際に起きたこと、映画の為に作成されたことの両方を紹介。