タグ:映画レビューが付いている記事一覧


MOVIE

名作ホラー『呪怨』シリーズのハリウッド版4作目となる『ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷』。本作はニコラス・ペッシェがメガホンをとり、一瀬隆重やサム・ライミも製作として参加。物語は東京で働くアメリカ人が伽椰子に取り憑かれ、その呪いが多くの人に連鎖する様子を描く。

MOVIE

「ディック・ロングはなぜ死んだのか?」は2019年に公開されたダニエル・シャイナート監督の映画だ。本作はバカな男たちが謎の死を遂げた友人の事件を隠すため、あの手この手で隠蔽工作する姿を描く。本作で描かれる奇妙な物語はフィクションだと思われているが、実は2005年に起こった実際の事件を基にしている。

MOVIE

80年代の傑作として残る「ブレックファスト・クラブ」は、今は亡きジョン・ヒューズ監督によって制作された青春映画の名作だ。本作は懲罰で土曜日の登校を命じられた赤の他人の5人が、心を開く様子を描き、全世界の興行収入は約53億9,097万円を叩き出す大ヒットを記録した。

MOVIE

100年以上の歴史がある「透明人間」は、2020年にリー・ワネルによって再び息を吹き返した。監督は映画に原作や名作ホラーのオマージュを取り入れ、社会問題になっている「家庭内暴力」を描いたことで、シリーズの概念をぶち壊したサイコロジカル・スリラーとして大成功させた。

MOVIE

チャーリー・マクダウェル監督が死後の世界というテーマに核心を突き、2017年にNetflixが全世界に配信した映画「ザ・ディスカバリー」。本作には名俳優ジェイソン・シーゲルが主演を務め、監督が当時交際していたルーニー・マーラがヒロインを務めた。マクダウェル監督が描く死後の世界は、私たちが想像するような世界なのか?

MOVIE

極貧ツアーを行うバンドの若者たちがライブハウスで殺人事件を偶然目撃し、ネオナチたちに命を狙われるがペイントボール作戦で反撃に試みる様子を描く映画「グリーンルーム」。本作は監督の実体験がベースになっており、名俳優アントン・イェルチンの遺作となった。

MOVIE

1992年にオーストラリアで公開され、最も危険な作品として注目を集めた映画「ハーケンクロイツ/ネオナチの刻印」。本作は白人至上主義者(ネオナチ)の青年たちの人生が狂う様子を描く。俳優のラッセル・クロウが主演を務め、今は亡きダニエル・ポロックの遺作となった。

MOVIE

デレク・シアンフランス監督の実話を基に67回も脚本を書き直し、12年もの月日を費やして完成させた映画「ブルーバレンタイン」。本作はある夫婦の愛が消え去る瞬間を、ノスタルジア感じる幸せな過去の映像と共に描くドゥームド・ロマンスの傑作である。

MOVIE

1998年、人種差別という重いテーマを扱ったバイオレンスな映画が公開された。それが『アメリカン・ヒストリーX』だ。主演を務めたエドワード・ノートンは、本作での役作りや狂気じみた演技が高く評価され、アカデミー賞でオスカー候補に選ばれた。しかし、本作はそのバイオレンスな内容から、問題作としても知られる。

MOVIE

両親に捨てられたブライオンは、ネオナチ集団にレイシストとして育てられた。彼の人生に疑問はなかったが、ある女性との出会いで何かが変わる。彼は理由なき憎しみに後悔し、新たな人生を歩もうとするが、過去に犯した罪はそう簡単に彼を受け入れなかった。