ジャベリンって誰?武器や能力は?【スーサイド・スクワッド2の新キャラ解説】

ENTERTAINMENT 未分類

Image by:screenrant.com

2021年に公開予定の最新作「ザ・スーサイド・スクワッド」には、ジェームズ・ガン監督ならではの風変りなキャラクターが多く登場する。

もちろん前作に引き続きハーレイ・クインなども登場するが、今ファンを一番熱狂させているのが、俳優フルーラ・ボーグ演じるジャベリンだろう。

しかし、このジャベリンとは何者なのか?

今回は、最新作「ザ・スーサイド・スクワッド」に登場する、悪役ジャベリンについて紹介!

ジャベリンって何者!?


ジャベリンが初めてDCコミックスに登場したのは、1984年に出版されたコミック「グリーン・ランタン」の173話だ。

彼は元プロのアスリートとして登場し、グリーン・ランタンが嫌う手ごわい宿敵となった。

ジャベリンはもともと手ごわい悪党ではなかったが、モニターという凶悪なヴィランとの出会いで、力を増していった。

ジャベリンの最初の犯罪

ジャベリンが犯した最初の凶悪犯罪は、下院議員のブロックにフェリス航空機を攻撃するよう雇われた時だ。

彼は航空機にソーラーエンジンを積み、飛行中にそれを爆発しようと計画。

しかし、彼はソーラーエンジンを盗む途中にグリーン・ランタンと遭遇し、フェリス航空機の攻撃を阻止された。

ジャベリンの武器と能力について

ジャベリンの能力をざっくり説明すると、やり投げだ。

彼の腰にあるベルトには円筒形の小さなポールがあり、それを引っ張るとさまざまな形の武器(ポール)へと変形する。

主な能力はやり投げだが、彼はもともとプロのアスリートだったことから、腕力はどのヴィランよりも強力だ。

しかし、彼の力が強いからといって、頭脳派のヴィランではないため、何度かグリーン・ランタンに負けている。

監督がジャベリン役にフルーラ・ボーグを選んだ理由

最新作「ザ・スーサイド・スクワッド」のジャベリン役に、ドイツ人俳優でコメディアンの、フルーラ・ボーグをなぜ選んだのか疑問に思う人もいるだろう。

DCコミックスに登場するジャベリンは、ドイツ訛りの英語を話しており、ドイツ語が世界で上品な言語と考えている。

また、あまり頭脳派ではないことから、あえてコメディアンとしても活躍する、ドイツ人のフルーラ・ボーグを選んだ。

最新作「ザ・スーサイド・スクワッド」に登場する、ジャベリンに注目!

ジャベリン

Image by:screenrant.com

「ザ・スーサイド・スクワッド」の監督であるジェームズ・ガンは、コメディとアクションをミックスするのが得意だ。

それを証明するのは、彼が過去に監督し、全世界で話題になった映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」だろう。

本作でジャベリンがどういった役割を果たすのかは不明だが、少なくともジェームズ・ガン監督ならではの「おもしろさ」があるはず。

2021年8月に公開予定の最新作「ザ・スーサイド・スクワッド」。ドイツ人俳優でコメディアンのフルーラ・ボーグ演じる、ジャベリンに注目!

関連記事【まとめ】『スーサイド・スクワッド2』総勢17人の全ヴィランを徹底解説!

\U-NEXTで前作「スーサイド・スクワッド」を見る!/

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTの公式サイトにてご確認ください。

人気記事U-NEXT(ユーネクスト)のメリット&デメリット。評判・口コミをステマなしで完全レビュー!