ウィーゼルってどんな悪党!?【スーサイド・スクワッド2の新キャラ解説】

ENTERTAINMENT

Image by:cbr.com

DCコミックスのスーパーヒーロー、ファイヤーストームの宿敵として登場したウィーゼル

イタチの衣装を着て犯罪行為に及ぶ、おかしなヴィランとして80年代の初登場から根強いファンを獲得している。

そんなウィーゼルは、2021年に公開される「ザ・スーサイド・スクワッド」で、監督のジェームズ・ガンの弟である、ショーン・ガンが演じる。

しかし、このウィーゼルは原作でどういった悪党だったのか?

ウィーゼルとは?

Image by:cbr.com

ウィーゼルは1985年に出版された、「ザ・フューリー・オブ・ファイヤーストーム」の35話に初登場した。

最初は短期的なザコキャラとして登場する予定だったが、多くのファンから支持を集めたことで、同コミックの38話で表紙も飾っている。

ウィーゼルの特徴はイタチの衣装であり、何度もファイヤーストームを苦戦させた宿敵だ。

ウィーゼルが悪党になるまで

Twitter @Exalted_Speed

ウィーゼル(本名:ジョン・モンロー)はもともと、悪党とはかけ離れた生活を送っていた。

彼はスタンフォード大学の優秀な学生だったが、クラスメートから「イタチ」というあだ名を付けられいじめられる。

成長したジョンはヴァンダーメール大学の教授になるが、過去のいじめに今でも苦しめられ、学界での成績も落ち始めた。

彼は職を奪われると勘違いし、怒り狂ったジョンは「ウィーゼル」という連続殺人鬼に変貌した。

ウィーゼルの最初の犯罪と、タスクフォースX(スーサイド・スクワッド)に加入するまで

Image by:cbr.com

ウィーゼルは悪党になった夜、イタチのスーツに鋭い爪をつけ、以前のクラスメートを2人殺害した。

その後、彼は物理学の教授である、マーティン・スタインを殺害しようとする。

しかし、このマーティン・スタインこそが「ファイヤーストーム」であり、変身した彼によってウィーゼルは倒された。

ウィーゼルは覆面を剥がされ、刑務所に送られる。

そこで彼は、タスクフォースX(スーサイド・スクワッド)への加入を余儀なくされた。

「スーサイド・スクワッド2」のウィーゼルは、原作と同じキャラクター?

Image by:reddit.com

まだ「ザ・スーサイド・スクワッド」の詳しい詳細は公表されていないため、ウィーゼルが原作と同じ設定で登場するか不明だ。

しかし、リークされた情報などを見ると、原作に+αを追加した設定で登場するよう。

この「+α」はどういったオリジナル要素なのかは不明だが、ほとんどは原作と一緒だろう。

2021年公開の「ザ・スーサイド・スクワッド」に登場する、ウィーゼルに注目!

関連記事【まとめ】『スーサイド・スクワッド2』総勢17人の全ヴィランを徹底解説!

\U-NEXTで前作「スーサイド・スクワッド」を見る!/

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTの公式サイトにてご確認ください。

人気記事U-NEXT(ユーネクスト)のメリット&デメリット。評判・口コミをステマなしで完全レビュー!