ハリー・ポッターが莫大な資産を手にした理由【原作者 J・K・ローリングが明かす】

ENTERTAINMENT

Image by:screenrant.com

ハリー・ポッターの両親は彼が1歳の頃に殺害され、その後はマグルの叔母や叔父と共に暮らしていた。

ハリーは自身が魔法使いであることを知り、その後ハグリッドと共にダイアゴン横丁のグリンゴッツ銀行へ行ったとき、彼の両親は莫大な資産を残していたことが判明。

しかし、
「両親はどのように莫大な資産を残したのか?」
「その額はいくらなのか?」

など、ファンの間で議論され続けていた。

そんな中、原作者のJ・K・ローリングが、ハリー・ポッターが莫大な資産を手にした理由を明かした。

ハリーが所有する莫大な資産はどこからきたの?

ハリーが所有する莫大な資産はどこからきたの?

Image by:super.abril.com.br

ジャームズとリリー(ハリーの両親)は21歳の時に殺害されており、原作でも彼らの職業などは語られておらず、どのように莫大な資産を稼いだのか不明のままだった。

一部のファンが原作者のJ・K・ローリングに質問したところ、ハリーが所有する莫大な資産は両親が稼いだものではなく、以前からあるポッター家の資産だったことが明かされている。

ローリングいわく、ポッター家をお金持ちにしたのは、12世紀の魔法使い「スティンチコームのリンフレッド」だったことが明かされた。

スティンチコームのリンフレッドとは?

スティンチコームのリンフレッドとは?

Image by:harrypotter.fandom.com

ポッター家は12世紀の魔法使い「スティンチコームのリンフレッド」から始まった。

リンフレッドのあだ名は「ポッターラー」だったことから、後に彼は苗字を「ポッター」に変更した。

彼は骨折などの治療薬を編み出した魔法使いとされており、「秘密の部屋」で登場した骨生え薬「スケレ・グロ」などは、リンフレッドが最初作った薬の進化系と言われている。

ハリーの祖父が資産を4倍にしていた!

フリーモント・ポッター

Image by:hp-lexicon.org

リンフレッドのおかげでポッター家は既に金持ちだったが、ハリーが所有した莫大な資産のほとんどは、彼の祖父であるフリーモント・ポッターが稼いでいた。

フリーモント(ハリーの祖父)は新たな薬の開発に予算が足らず、髪質をよくする「スリーキージーのヘアポーション」を作るため、ポッター家の全資産を盗んだ。

「スリーキージーのヘアポーション」は発売後に魔法界で話題となり、原作者のJ・K・ローリングは、フリーモントがポッター家の資産を4倍にしたと語っている。

ハリーが手にした総資産は?

ハリーが手にした総資産は?

Image by:fr.ign.com

ハリーが手にした総資産は、50,625ガレオンだとされている。

1ガレオンが約6ドル(約657円)とされているため、ハリーが手にした総資産は30万3,750ドル。

日本円にすると約3,325万8,513円だ。

ハリーが莫大な資産を手にするまでの時系列

ハリーが莫大な資産を手にするまでの時系列

Image by:empireonline.com
  1. リンフレッドが骨折や風の治療薬などを開発し、ポッター家は金持ちになる。
  2. ハリーの祖父であるフリーモント・ポッターが、新薬の開発のために資産を盗む。
  3. 髪質をよくする新薬「スリーキージーのヘアポーション」が魔法界で話題となり、フリーモントはポッター家の資産を4倍にした。
  4. その後、ジャームズとリリーが資産を引き継いだが、21歳の頃にヴォルデモートによって殺害される。
  5. ハリーはグリンゴッツ銀行で、ポッター家の資産50,625ガレオン(約3,325万8,513円)を引き継ぐ。
  6. 16歳の頃に資産は取り上げられたが、シリウス・ブラックの死後に再び残りの資産を引き継いだ。

人気記事U-NEXT(ユーネクスト)のメリット&デメリット。評判・口コミをステマなしで完全レビュー!