『ワールド・ウォーZ』続編のストーリーや打ち切りの理由とは?

ENTERTAINMENT

Image by:wallpaperaccess.com

俳優ブラッド・ピットが主演を務め、2013年に公開されたアクション・ホラー映画「ワールド・ウォーZ」。

本作は公開後に大ヒットしたことから、監督デヴィッド・フィンチャーが続編のプロジェクトを進めていた。

当初、続編は2017年6月に公開予定だったが、制作の関係などで予定は何度も先延ばしになり、最終的に打ち切りが発表されている。

結果的に続編は打ち切りとなったが、最近になって続編で語られるはずだったストーリーや、打ち切りの理由が明らかになってきた。

撮影が開始される直前の打ち切り発表

ワールド・ウォーZ

Image by:imdb.com

当初、「ワールド・ウォーZ」の続編は前作の監督である、マーク・フォースターが降板し、フアン・アントニオ・バヨナが監督を務めるはずだった。

しかし、バヨナ監督は映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のプロジェクトもあった為、本作を降板し、新たにデヴィッド・フィンチャーが監督に選ばれる。

続編は2017年6月に公開されるはずだったが、予定は何度も先送りとなり、最終的に2020年頃の公開が目標となっていた。

監督のデヴィッド・フィンチャーや他の製作陣は、既に脚本も書き終わり、撮影が行われる複数の国にスタッフらを派遣。

映画の撮影は2019年3月から本格的に行われるはずだったが、撮影開始の1か月前である、2019年2月に突然、打ち切りを発表した。

ワールド・ウォーZの続編が打ち切りになった理由

ワールド・ウォーZ

Image by:theplaylist.net

映画やドラマが打ち切りになるケースは多いが、ここまで直前に打ち切りを発表するケースは非常に少ない。

関係者の話によると、製作会社の「パラマウント・ピクチャーズ」は、予算上の都合で本作を打ち切りにしている。

「ワールド・ウォーZ」は業界で高予算の映画として知られており、前作の製作費は約215億6,799万にも及んだ。

前作は結果的に黒字となったが、パラマウントは続編の製作費(予算面)でかなり問題を抱えていたことが明かされた。

また、同年にパラマウントは映画「スター・トレック4」の打ち切りも発表している。

続編で語られるはずだったストーリー

ワールド・ウォーZ

Image by:gameinformer.com

続編のストーリーは、「ワールド・ウォーZ」の原作者である、マックス・ブルックスの小説を元に脚本が書かれている。

物語は前作「ワールド・ウォーZ」の直後から始まり、人類はゾンビへの反撃を行っていた。

前作で「ゾンビから生きた人間を見えなくするワクチン」を全世界に配布したが、実は36時間しかワクチンが効かないことが判明し、ゾンビも耐性を持つなど進化を遂げた。

人類は絶望的な状況に追い込まれたが、モレル博士という研究者が新なワクチンを開発。

しかし、博士は新たなワクチンのデータを送る前に姿を消してしまい、主人公のジェリー・レーン(ブラッド・ピット)や兵士らは、博士を探すために様々な国に派遣された。

レーンが訪れた国では今まで体験したことのない過酷な状況が続き、多くの研究者からは「モレル博士が見つからなかったら人類は滅亡する」と言われていた。

続編が公開される可能性はまだある?

ワールド・ウォーZ

Image by:popculturetimes.com

2019年2月に打ち切りが発表された「ワールド・ウォーZ」の続編だが、まだ公開される希望はある。

例えば、2017年に公開された映画「IT/イット “それ”が見えたら、終わり」は、監督キャリー・フクナガが2012年から2015年にかけてプロジェクトを進めていたが、予算上の都合で打ち切りとなった。

しかし、打ち切りから2か月後に監督のアンディ・ムスキエティが映画に興味を持ち、製作会社「ワーナー・ブラザース」と共にプロジェクトを復活させ、2017年に「IT/イット “それ”が見えたら、終わり」を公開させている。

このように、打ち切りを発表したのにも関わらず、他の製作会社と監督が、プロジェクトを復活させた事例は何件もある。

ただ、2020~2021年に公開される可能性はほぼ0%

ワールド・ウォーZ

Image by:1ZOOM.Me

「ワールド・ウォーZ」の続編が公開される可能性はあるが、2020~2021年あたりの公開は期待できないだろう。

パラマウントは正式にプロジェクトを打ち切っているため、他の製作会社が映画の権利を取得する必要があり、脚本なども変更する必要があるからだ。

先ほど紹介した「IT/イット “それ”が見えたら、終わり」も、最初にプロジェクトを進めていたキャリー・フクナガ版と、本作を公開させたアンディ・ムスキエティ版の脚本は違っていたという。

このように、製作会社や監督が変われば脚本なども変更され、映画の公開までに時間が掛かってしまう。

しかし、製作会社や他の監督が興味を持てば、「ワールド・ウォーZ」の続編はストーリーが変われど、公開される可能性は高いので希望は捨てないでほしい。

人気記事U-NEXT(ユーネクスト)のメリット&デメリット。評判・口コミをステマなしで完全レビュー!